本文へスキップ

校長よりfrom principal

料理イメージ

糸満市立潮平中学校
校長 奥土 晴夫


 沖縄本島の最南端に位置し、豊見城市と八重瀬町に接し、西と南に東シナ海と太平洋に面している「ひかりと みどりと いのりのまち糸満市」の6番目の中学校として、本校は、平成13年4月に糸満市立西崎中学校より分離・開校し、今年16年目を迎えます。 校区は、国道331号線沿いの潮平西原区、潮平区、パークタウン、阿波根、浜川原区で構成されています。校区内には県営団地、市営団地、個人アパートも多いです。生徒は、ほとんど潮平小学校区から進学してきます。平成29年度は学級数14学級(特別支援学級2含む)、生徒数389名の中規模校です。

 本校では、学校教育目標「自ら学び自ら考える主体的な生徒(知育)」「情操豊かで思いやりのある生徒(徳育)」「心身ともに健康でたくましい生徒(体育)」の達成を目指して、家庭や地域との連携・協力を深め、基本的生活習慣の形成を基盤に確かな学力の向上や豊かな心の育成、健やかな体の育成、夢や希望の育成、そして地域と共にある信頼される学校づくりを全教職員の協働体制で取り組んでいるところです。本年度も各教科では学び合い高め合う授業づくりや言語活動を充実させ思考力・判断力・表現力を育成してまいります。学級活動等では教育活動の基盤となる支持的風土の学級づくりに努めてまいります。

 本校では、朝のあいさつ運動が定着しており、毎朝元気な声が響いてきます。これまでの先輩方が築いてきた良き伝統として、継続・発展されてきたお陰だと考えています。また、ボランティア委員が毎朝ゴミ拾いや花木の灌水を行っています。あいさつ運動と併せて本校の伝統として今後も継続・発展させていきたいと思います。

 また、これまで沖縄県夏季総合体育大会や新人大会において、バドミントン女子やテニス女子、水泳男子などが団体優勝をしています。個人での優勝も数多くあります。全国中学校水泳大会で男子バタフライ5位、高円宮杯全国中学校英語弁論大会で環境社会特別賞受賞、アイデアロボット九州大会出場など全国・九州レベルでの実績も残しています。

今後とも学校、家庭、地域の連携・協力を一層深めながら「地域に愛され信頼される学校」づくりに努めてまいります。本校の教育活動へのご理解、ご協力、ご指導をよろしくお願いいたします。



店舗写真

information店舗情報

糸満市立潮平中学校

〒901-0301
沖縄県糸満市字阿波根1200番地
TEL.098-992-7575
FAX.098-992-7576
→アクセス